【日本】建築現場の点検報告を手軽に行うクラウドサービス

日本の株式会社エー・エス・ディは、建設現場での診断や点検報告をクラウド上で簡単かつリアルタイムに共有できる“点検録”最新版を提供、建設現場で点検確認用の各種チェックシートへの記載が容易に行える。

クラウド

日本の株式会社エー・エス・ディは、建設現場での診断や点検報告をクラウド上で簡単かつリアルタイムに共有できる“点検録”の最新版を提供開始した。同社は、IT技術を使って建設・建築業者向けに現場で活用できる製品やサービスの開発および提供を行っている。

“点検録”の特徴は、建設現場で必要とされる点検確認用の各種チェックシートへの記載が容易に行えることだ。書類は電子化されているので、膨大な枚数の書類を運ぶ必要や紛失の心配もない。また、ログイン認証なのでセキュリティー面でも安心だ。さらに、iPadの専用アプリケーションで記載した手書きの筆跡が残るので、点検者を特定することができ、トレーサビリティが確保される。そして、同社の施工管理用の既存サービスで累計180万現場の導入実績を持つ“目視録”と連携すれば、点検報告を“目視録”に保管し、写真報告と共にクラウド上で効率の良い管理が可能だ。これにより、再点検や補修工事も前回の点検状態を確認しながら行える。
株式会社エー・エス・ディ
近年の震災などで、建築物の安全性に対する社会的要求はますます厳しくなっている。このような状況で、現場の負担を減らして効率良い施工管理を行うには、今後はこのようなサービスを積極的に導入していく必要があるだろう。

【企業サイト】株式会社エー・エス・ディ

広告