【日本】クラウドを利用した電子契約サービス

日本のスターティア株式会社は、低価格かつ高セキュリティの電子契約サービス提供を自社が提供する法人向けオンラインストレージ”セキュアSAMBA”において開始した。

電子契約

日本のスターティア株式会社は、自社が提供する法人向けオンラインストレージ”セキュアSAMBA”を活用した、電子契約サービスの提供を開始した。同社は、クラウドソリューションを始めとしたITインフラの提供を行う、ITソリューションベンダー。

”セキュアSAMBA”は、法人に特化したクラウド型オンラインストレージサービスだ。同サービスを、契約書データの保管先として使用することで、低価格かつ高セキュリティの電子契約を行うことが可能になる。電子契約は、紙媒体を必要としないため、印紙税やコストの削減、紛失リスクの低減を実現できるという特徴がある。また、電子証明書にはJCAN証明書を利用しており、電子データの作成者の特定や、電子データの改ざんを検知することが可能だ。
スターティア株式会社
取引先と契約を結ぶにあたって、発生するコストやリスクは企業にとって負担となる。スムーズな契約締結を目指している企業は、本サービスを導入して電子契約を活用するのがいいだろう。

【企業サイト】スターティア株式会社

広告