【日本】ビッグデータを活用した生産予測で食品ロス問題を解決

日本の株式会社オプトホールディングのオプトデータサイエンスラボとポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社は、食品ロスを解消する豆腐の適正生産量予測モデルのコンテストを開催した。

ビッグデータ

日本の株式会社オプトホールディングのオプトデータサイエンスラボとポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社は、豆腐の適正生産量予測モデルのコンテストを開催し、優秀なモデルを実際に導入した。これは、生産過剰による食品ロスを解消する目的で行われた。

豆腐は日持ちがしないので、売れ残ると廃棄されてしまう。このコンテストは、ビッグデータを活用して適正生産量を予測し、予測数値と実績の差が少ないものを上位とするものだ。コンテストはwebサイト上で行われ、特設ページ“Save the 豆腐! ~豆腐はおぼろなれども予測は明快たるべし~”には、全国から1665件の応募があった。参加者はまず、ドコモネットワークの気象データ、気象庁データ、そして豆腐製品の特売予測データを与えられる。それらを基に適正生産量の予測モデルが構築される。これがコンテスト期間中の豆腐の販売実績と比較された。ある製品では、実際に需要予測に携わる担当者の予測精度より15パーセントも改善していた。
株式会社オプトホールディング
食品ロスは、社会において大きな問題となっている。今後は生産面だけでなく、流通や小売面からもビッグデータを活用して問題に取り組むことが必要になってくるだろう。

【企業サイト】株式会社オプトホールディング

広告