【アメリカ】空港、最も理想的なマーケティング環境

アメリカのClear Channel Outdoor Holdings, Inc.社は、消費者市場調査を行い、ブランドロイヤリティを高める最も効率の良い場所が空港であることを発表した。同社は、空港の宣伝事業に40年以上も…続きを読む

アメリカのClear Channel Outdoor Holdings, Inc.社は、消費者市場調査を行い、ブランドロイヤリティを高める最も効率の良い場所が空港であることを発表した。同社は、空港の宣伝事業に40年以上も携わる大手。

空港はB2Bを含む消費者市場にとって、最も理想的な環境であり、ビジネストラベラーに大きな影響を与える場所である。”Nielsen”の調査によると、ビジネスやレジャーで空港を訪れた人々の60%が、空港で行われる宣伝活動により信頼を置いていることが明らかとなった。そしておよそ75%の人々が、空港での電子広告に興味を持ち、そのウェブサイトを訪れたりアプリを使って詳細を調べている事がわかった。彼らが最も興味を持つ広告の分野は、テレビやカメラなどの電子機器であり、その比率が全体の60%を占めた。
スクリーンショット 2016-05-22 16.34.46
空港を訪れる人々は、他にもホテルや旅行サービス関連の広告、スマートフォンやタブレットなどの実体験に強い興味を示している。彼らの動向を掴み、空港でのマーケティングに目を向けることもユーザーににとって必要なこととなるであろう。

【企業サイト】Clear Channel Outdoor Holdings, Inc.

広告