【編集の眼】コンテンツ東京2016概況(2016/6/29~7/1)

6月29日~7月1日まで、コンテンツ東京2016が東京ビックサイトで開催された。対象者は、企業のマーケティングや宣伝・販促・広報部門担当者など。今回は、取材した「第4回制作・配信・ソリューション展」・「第2回コンテンツマーケティングEXPO」全体の印象を紹介。

6月29日(水)から3日間、東京ビックサイトで開催された“コンテンツ東京2016”は、企業のマーケティングや宣伝・販促・広報部門担当者などを対象としている。今回は取材した“第4回制作・配信・ソリューション展”・“第2回コンテンツマーケティングEXPO”全体の印象を紹介する。

どちらも扱われる商品やサービスの性格上、全体像を「形」として見せることがむずかしい。そのため出展各社は、来場者のニーズを「ゼロから始めたい」、「既存のコンテンツを改善したい」、「何を改善すればよいか調査、分析したい」などさまざまな立場を想定して、自社のアプリや、システム、サービスでどのように解決できるか、PCやタブレットの画面を使って紹介していた。来場者にとってはパンフレットやインターネットの情報だけでは伝わりにくい商品・サービスを使用しながら説明を聞くことができる機会となった。
会場全体図1
来場者の足をいかに止めさせるかにスタッフ数を充実させているブースもあり、気づくと同じ企業の同じパンフレットを2度配布されることもあるほどであった。
また「御社のコンテンツはまかせてください」とこれまでのWEB制作実績やノウハウをアピールするブースもあれば、「御社の現場担当者が使いやすいコンテンツのテンプレートを提供」と企業の現場でマーケティング担当者などがWEBを制作展開できることのメリットを語りかけるブースもあった。また、コンテンツそのものをマーケティングの一環としてどのように位置づけ、コンセプトを立ち上げ制作していくかを問題とする説明も聞くことができた。

このような展示会の常であるが、来場者自身が「何を必要としどのような商品・サービスを求めているか」を考えていないと、多くの情報に迷ってしまいそうである。
次回記事からは、具体的な商品やサービスについて紹介していく予定である。

広告