【日本】フィールド業務を支援するクラウドサービス

日本のパナソニックインフォメーションシステムズ株式会社は、自社のフィールド業務支援ソリューションに、レッドフォックス株式会社のクラウドサービスである“GPS Punch!”を追加した。これは、フィールド業務サービスの、ラ…続きを読む

日本のパナソニックインフォメーションシステムズ株式会社は、自社のフィールド業務支援ソリューションに、レッドフォックス株式会社のクラウドサービスである“GPS Punch!”を追加した。これは、フィールド業務サービスの、ラインアップ充実の一環として実施されたものだ。

“GPS Punch!”は、フィールド業務における、現場の業務効率化を実現するビジネスクラウドだ。これにより、フィールドエンジニアが現場にいながらにして作業報告書を作成したり、修理対象機器の写真を撮影・添付して送信するといったことができるようになる。緊急の修理依頼には、事務所よりフィールドエンジニアがどこで何をしているのかを、地図でリアルタイムに確認し、最適な要員を派遣することも可能だ。また、選択形式による作業報告書の作成や、機器番号のバーコード読み取り等の、フィールドエンジニアが簡単に作業報告を作成・提出するために必要な機能を備えている。なお、システムのラインアップは今後も拡充予定であるとのことだ。
パナソニックインフォメーションシステムズ株式会社
フィールド業務において作業報告を現場で行うことは、効率の向上だけでなく報告内容の精度向上にも繋がる。報告体制を改善したい企業は、本サービスの導入を検討してみるのもいいだろう。

【企業サイト】パナソニックインフォメーションシステムズ株式会社

広告