【アメリカ】リスクセンシングの重要性高まる

アメリカのDeloitte Advisory社は、3000社以上を対象にリスクセンシングについての調査を行い、その導入と重要性についての報告書を発表した。同社は、企業内の複雑な問題を糸口に問題点を探り、そこから企業の発展…続きを読む

アメリカのDeloitte Advisory社は、3000社以上を対象にリスクセンシングについての調査を行い、その導入と重要性についての報告書を発表した。同社は、企業内の複雑な問題を糸口に問題点を探り、そこから企業の発展に向けたアドバイスを提供する。

21世紀の変動が激しい複雑なビジネス環境において、分析技術とデータ資源の相互的な繋がりを見つけ出すことは大きな成功の鍵となる。リスクセンシングはその重要な1つである。2016年2月にDeloitte社のポッドキャストで行われた “Risk sensing: the (evolving) state of the art”の調査によると、他のリスクマネジメントに比べ、戦略的リスクに対してリスクセンシングのためのツールを使用している企業はほとんどない。Deloitte社は、リスクセンシングの導入において、以下の4項目を推奨する。

1.優先順位の明確化
2.リスクセンシングの実務への落し込み
3.監視体制の強化
4.データ分析管理体制の構築
Deloitte Advisory
ユーザーのリスクセンシングへの関心は今後更に高まり、ビジネス戦略に置いて不可欠なものとなるだろう。

【企業サイト】Deloitte Advisory

広告