【日本】運送業界の運行管理無料アプリ

日本の株式会社Hacobuは、運送業務に携わる人向けのサービス“MOVOクラウド”の無料提供を開始した。これは、中小企業が約9割を占める運送業界で、高価なソフトウェアやハードウェアの導入も難しい知識も不要で、低コストで運…続きを読む

日本の株式会社Hacobuは、運送業務に携わる人向けのサービス“MOVOクラウド”の無料提供を開始した。これは、中小企業が約9割を占める運送業界で、高価なソフトウェアやハードウェアの導入も難しい知識も不要で、低コストで運送業務の効率化を図る目的で行われた。

このサービスの特徴は、案件の入力から運賃計算、配車管理、請求書発行までの業務をクラウドシステムで連係・統合できることだ。また、同時にリリースされた有料アプリ“MOVO アップ”をドライバーのスマートフォンにインストールすれば、車両の現在位置や走行経路、作業状況の把握ができる。また、2016年7月には、高性能デジタル運行記録計“MOVO ハブ”と遠隔での温度管理ができる小型温度管理センサー“MOVO センス”を低価格で販売する予定。
スクリーンショット 2016-05-16 01.02.44
運送業界でのIT活用はまだまだこれから需要が伸びて行くことが見込まれる分野だ。業務の効率化を図り運送業界の中で生き残るために、今のうちからこうしたサービスを積極的に活用していくべきだろう。

【企業サイト】株式会社Hacobu

広告