【日本】見込み顧客の企業情報を自動で補完

日本のサイバーエリアリサーチ株式会社は、自社の提供する企業情報取得サービス“どこどこJP”を、マルケト社のマーケティングオートメーションツール“Marketo”と連携させた、“どこどこJP for Marketo”の提供…続きを読む

日本のサイバーエリアリサーチ株式会社は、自社の提供する企業情報取得サービス“どこどこJP”を、マルケト社のマーケティングオートメーションツール“Marketo”と連携させた、“どこどこJP for Marketo”の提供を開始した。サイバーエリアリサーチ株式会社は、主に情報解析サービスを提供している企業。

“どこどこJP for Marketo”では、“Marketo”が収集した見込み顧客情報に対し、企業名・業種・本社所在地など34種類の企業情報を追加することができる。これにより、見込み顧客の情報が十分に収集されていない場合や、メールドメインから企業を推定できない場合でも、IPアドレスから取得したデータをもとに、具体的な企業名の記録や、売上高が高い企業にスコアを付与するといった施策が実施可能になる。また、業種や従業員数によって商品に対するニーズが異なる場合でも、業種ごとにメールの内容を変えたり、従業員数によってWebコンテンツを切り替えるといった、それぞれの見込み顧客に合わせた最適なコミュニケーションを実現できる。
サイバーエリア
マーケティングオートメーションツールを活用することは、営業の負担を軽減するだけでなく、的確なアプローチの実現にもつながる。新規顧客の獲得に力を入れたい企業は、同サービスの導入を検討してみるのもいいだろう。

【企業サイト】サイバーエリアリサーチ株式会社

広告