【アメリカ】SDN市場に関する報告書発表

アメリカのBCC Research社は、SDN(Software-Defined Networking)のマーケティング担当者などに向けたSDNについての調査報告書を発表した。これは、2015年から2020年までの市場の…続きを読む

アメリカのBCC Research社は、SDN(Software-Defined Networking)のマーケティング担当者などに向けたSDNについての調査報告書を発表した。これは、2015年から2020年までの市場の動向を知ることで企業のSDN戦略に役立ててもらう目的で行われた。

この報告書の特徴は、SDNの技術的な面ではなく、商業的な面に着目し、世界的にSDNソリューションを提供している100の企業について最先端の動向を調査した点だ。それによると、2014年に19億ドル近かった市場は、2015年には24億ドル、さらに2020年には56億ドルになると予想されている。また、2015年から2020年にかけての成長率は北米で88.7%だが、アジア太平洋地域では105.2%となっている。
BCC Research
SDNは、ハードウェアの種類に左右されずに、時間やコストを賭けずに導入できるネットワークとして近年特に注目を集めている。企業の担当者は、この報告書を読んで情報を得ることで将来的な企業の成功につなげることができるだろう。

【企業サイト】BCC Research

広告