【アメリカ】2016年、Eメールマーケティングの必要性高まる

アメリカのAWeber社は、2016年のスモールビジネスにおけるEメールマーケティングの動向についての調査結果を発表した。同社は、1998年に設立された世界でも有数のEメールマーケティングプロバイダーである。 1600人…続きを読む

アメリカのAWeber社は、2016年のスモールビジネスにおけるEメールマーケティングの動向についての調査結果を発表した。同社は、1998年に設立された世界でも有数のEメールマーケティングプロバイダーである。

1600人の回答者から得られた調査によると、今後のビジネスの成功は、Eメールマーケティングにかかっている。その鍵となるのは、以下の3点である。
・電子メールのオートメーション化
・定期購読者との良好な関係
・定期購読者数の増加と、質の向上
2015年と比較して、83%の企業が、Eメールマーケティングの使用を増やす計画である。そして、45%の企業が、定期購読者の特性を掴んだEメールオートメーション化を行うことによって、マーケティング戦略に大きな影響をもたらすことを期待している。
AWeber
今回の調査から得られた2016年のEメールマーケティングの鍵は、定期購読者数の増加、定期購読者から顧客への転換、定期購読者から得られる質の向上である。ユーザーは、Eメールマーケティングの重要性を理解することが今後の戦略の鍵となるだろう。

【企業サイト】AWeber

広告