【アメリカ】クラウド型ビッグデータ解析

アメリカのDatameer社は、ビッグデータ担当者だけではなく、企業の誰もが最新のビッグデータにアクセスして仕事に活用できることを目的にビッグデータ総合自動分析サービスの新しいプラットホーム“Datameer Cloud”を提供開始を発表。

アメリカのDatameer社は、ビッグデータ総合自動分析サービスの新しいプラットホーム“Datameer Cloud”の提供開始を発表した。これは、ビッグデータ担当者だけではなく、企業の誰もが最新のビッグデータにアクセスして、それを活かした仕事がしやすくなることを目的につくられたものだ。

このサービスの特徴は、複雑なITについての専門知識を必要とせずに、誰もが簡単にビッグデータを利用できるようになることだ。このサービスを使えば、どのようなサイズのデータでも短時間で自動ビジュアル解析をしてくれる。新しいハードやソフトなどの導入も不要なので、企業としても時間やコストの大幅な削減になる。また、“Quick Start”という付属のサービスでは、Datameerの専門スタッフから使用方法についてのアドバイスを受けられる。
Datameer
調査によると、3分の2以上の企業がクラウド型ビッグデータ分析の重要性を感じているが、実際に導入している企業は3分の1に過ぎないようだ。このような状況で他の企業と競争するには、こうしたサービスの利用を積極的に考えるべきだろう。

【企業サイト】Datameer

広告