【アイルランド】2016年から2020年の電子看板市場調査報告

アイルランドのResearch and Markets社は、 広報担当者などに向けた“Global Digital Signage Market 2016-2020”という報告書を発表した。これは、主要企業など電子看板市…続きを読む

アイルランドのResearch and Markets社は、 広報担当者などに向けた“Global Digital Signage Market 2016-2020”という報告書を発表した。これは、主要企業など電子看板市場の世界的動向を調査し2016年から2020年の展望をまとめたものである。

調査の結果、この電子看板市場は2016年から2020年にかけて年平均成長率は5.6%と予測されている。公共機関での利用はもちろんだが、最近増えているのが教育機関での導入である。より関心の高い情報をリアルタイムで届けられることから、生徒や職員そして施設来訪者とのコミュニケーションの一つとして積極的に利用されているようだ。電子看板は他にも、紙を必要とせずスペースも気にせずに、対象を限定して情報を提供できる利点もある。
Research and Markets
電子看板は、IT技術を使ってインタラクティブにさまざまな情報を発信できる、最先端の広報手段のひとつだ。今後はその特徴を生かして、さまざまな分野での有効活用が期待できるだろう。

【企業サイト】Research and Markets

広告