【アメリカ】Taynah Reis社に新しい最高技術責任者が就任

アメリカのTarsier社は、同社最高技術責任者にTaynah Reis氏を起用することを発表した。同社はニューヨークに本社を構えるスマートシティ建設を目的とする企業。 同氏はビッグデータ分析のための独自のソフトウェアを…続きを読む

アメリカのTarsier社は、同社最高技術責任者にTaynah Reis氏を起用することを発表した。同社はニューヨークに本社を構えるスマートシティ建設を目的とする企業。

同氏はビッグデータ分析のための独自のソフトウェアを使用したスマートシティ構築において、その活躍が認められている。同社は氏の就任によりビッグデータ問題の新たな解決法が導き出されることを望んでいるとのこと。同社CEOは、「ビッグデータの需要は年々高まっている。スマートシティの構築はビッグデータマネジメントにかかっている」と述べ、Reis氏は「データの分析スピードだけでなく、安全で正確な情報を効率よくマネジメントに繋げていけるよういくことが肝要だ」と述べた。
Tarsier
氏の就任により、Taiser社がどのように変わっていくのか、今後の動向に期待したい。

【企業サイト】Tarsier

広告