【アメリカ】欧州の公共セクターにおけるビッグデータ分析

アメリカのウェブサイトreportlinker.comにて、ヨーロッパの公共セクターにおけるビッグデータ分析に関するレポートが掲載されている。同サイトは受賞歴のある市場調査ソリューション。 レポートによると、世界的に増加…続きを読む

アメリカのウェブサイトreportlinker.comにて、ヨーロッパの公共セクターにおけるビッグデータ分析に関するレポートが掲載されている。同サイトは受賞歴のある市場調査ソリューション。

レポートによると、世界的に増加する高齢者人口と、それに伴う福祉コストの増大といった課題の解決に対し、ビッグデータ分析が大きな役割を果たすことができる。また公共部門のシステムインタフェース改善、フロントオフィスのプロセスとワークフローの最適化、記録管理、および情報分析ソリューションといったオフィス業務の効率化はビッグデータ分析を活用することで改善可能になる。レポートでは、ビッグデータ分析は組織が意思決定を行う方法のパラダイムシフトをもたらすだろうと記述されている。
reportlinker.com
官民を問わず、ビッグデータ分析によりデータ収集や管理の効率化を図ることができる。今後は民間企業のみならず、公共団体においても、ますますビッグデータ分析の必要性が高まってゆくだろう。

【関連サイト】reportlinker.com

広告