【アメリカ】防衛とセキュリティに関するビッグデータ活用

アメリカのウェブサイトreportlinker.comにて、ヨーロッパの公共セクターにおけるビッグデータ分析に関するレポートが掲載されている。同サイトは最新の業界データを検索し、整理したうえで瞬時に提供する市場調査ソリュ…続きを読む

アメリカのウェブサイトreportlinker.comにて、ヨーロッパの公共セクターにおけるビッグデータ分析に関するレポートが掲載されている。同サイトは最新の業界データを検索し、整理したうえで瞬時に提供する市場調査ソリューション。

この調査ではビッグデータという言葉がひとり歩きし、本来持っているポテンシャルが曖昧になってしまっていると指摘。この新興のアプリケーションについて定義したうえで、防衛・セキュリティ環境において、いかにビッグデータを活用してインテリジェンスを増幅していくかを目指している。レポート内ではビッグデータについて、大量の情報を認識して次の行動を決定する“Actionable Insight”を提供するための、多様な技術を含んだアーキテクチャとしている。
reportlinker.com
どのような分野においても、ビッグデータを正しく使用するにはまず“ビッグデータとは何か”という定義をしっかり理解しておくことが必要となる。このレポートに触れることは、防衛・セキュリティ分野以外の利用にも役立つだろう。

【関連サイト】reportlinker.com

広告