【日本】ファイル共有を円滑にするミドルウェア

日本のインフォテリア株式会社は、環境試験器メーカーであるエスペック株式会社において、Microsoft Azureクラウド環境とのデータをつなぐシステム“Asteria Warp”が採用されたと発表した。同社は、企業内の…続きを読む

日本のインフォテリア株式会社は、環境試験器メーカーであるエスペック株式会社において、Microsoft Azureクラウド環境とのデータをつなぐシステム“Asteria Warp”が採用されたと発表した。同社は、企業内のコンピューター・デバイス間を連結するソフトウェアおよびサービスを提供する企業。

エスペック株式会社では、国内生産拠点と海外販売会社間での情報共有を国内基盤システムによって運用していたため、海外販売会社が直接納期などを確かめることが出来ず、その共有データ加工に時間を費やしていた。しかし、同システムの導入は、Microsoft Azure上SQL databaseに情報をアップロードし、データ連携を自動化した。これにより、海外販売会社へ常に新しい情報共有がなされている。

inforeria

ファイル共有システムは、ITコスト削減や業務効率化を図るためには欠かせない。ファイル共有を推進するにあたり、このようなミドルウェアはますます必要不可欠になるだろう。

【参考サイト】インフォテリア株式会社

広告