【アイルランド】2020年までのクラウドファイル共有システム市場動向

アイルランドのResearch and Markets社は、“2020年世界におけるクラウドファイル共有システムの市場”について見解を述べた。同社は、世界における市場調査におけるシェアトップクラスのリサーチ企業。 この調…続きを読む

アイルランドのResearch and Markets社は、“2020年世界におけるクラウドファイル共有システムの市場”について見解を述べた。同社は、世界における市場調査におけるシェアトップクラスのリサーチ企業。

この調査によると、同市場は、2015年に9395万円、2020年に1億5242万円、年平均成長率10.2%市場になると予測される。銀行や金融機関、保険、医療、生命科学分野におけるファイル共有は、今後数年間確実に成長する反面、セキュリティー向上やコンプライアンスの順守が課題となる。ファイル共有システムは、こういった問題をより削減し、マーケットトレンドを押し上げることが考えられる。また、現在アメリカは、同市場のトップシェアを保持しているが、アジア諸国の同分野における年平均成長率が2020年までに最高水準になることも期待されている。

ResearchandMarket

急速に需要が高まる同分野であるが、まだ不透明な部分が多く、利用者は使いにくい。より明確で使いやすいシステムが浸透すれば、この分野も飛躍的に発展するのではないか。

【参考サイト】Research and Markets

広告