【アメリカ】ブランド力を構築するためのサンプリングの有用性

アメリカのYA社による調査で、商品のサンプリングがブランドに対する親和性を構築することが明らかになった。同社は国内でもっとも尊敬を集めるブランドのオムニチャネルマーケティングプロモーションを務める、業界のマーケットリーダ…続きを読む

アメリカのYA社による調査で、商品のサンプリングがブランドに対する親和性を構築することが明らかになった。同社は国内でもっとも尊敬を集めるブランドのオムニチャネルマーケティングプロモーションを務める、業界のマーケットリーダー。

今回の調査では、1000人以上のアメリカ人を対象に集計が行われた。消費者は多くの場合、製品サンプルを受け取ったあと購買行動に変化が見られ、ブランドや商品に対して親和性を見せたという。これはサンプリングが継続的に影響を与えるプロモーションチャネルであることを示している。同社の社長兼CEO、Chris Behrens氏は、「マーケティングプロモーションのプログラムにサンプリングを組み込まないことは、巨大な機会損失である」と語った。
YA
実際に製品を手に取り使用するすることで、消費者の意識は少なからず変化する。企業にとってコストカットは重要である一方、その中でいかにしてサンプリングを続けていくかを今後考えていく必要があるだろう。

【企業サイト】YA

広告