【日本】食品製造業向けのBtoBサポート

日本の株式会社インフォマートは、自社のサービスである“BtoBプラットフォーム”と、株式会社ローゼックが提供する“クラフトライン”とのシステム連携を開始した。株式会社インフォマートは、BtoB取引をサポートするシステムの…続きを読む

日本の株式会社インフォマートは、自社のサービスである“BtoBプラットフォーム”と、株式会社ローゼックが提供する“クラフトライン”とのシステム連携を開始した。株式会社インフォマートは、BtoB取引をサポートするシステムの提供を行う企業。

“BtoBプラットフォーム”は、企業の受発注や請求業務をWeb上で行うことができるサービスである。同サービスを、食品工場向けの生産・販売統合システムである“クラフトライン”と連携させた。両サービスを組み合わせることで、“クラフトライン”の強みである工場の基幹業務サポートに、売上処理や請求業務の効率化をもたらすのが目的だ。これにより、“BtoBプラットフォーム”で受注したデータを”クラフトライン”に取り込み、出荷データを発送データとして取引先に送付するといったことが可能になる。また、同社は、両社の利用企業に連携を周知する他、食品業に向けたセミナーの実施や販促活動を行う予定であるとのこと。
株式会社インフォマート
複数のサービスを別々に使い分けることは、担当者の負担となりがちで、大きなミスにも繋がり兼ねない。今回の両社による連携は、食品業者にとって心強い味方となりそうだ。

【企業サイト】株式会社インフォマート

広告