【日本】見込み顧客の企業情報を自動取得するウェブAPI

日本のナレッジスイート株式会社は、企業を対象に、獲得した見込み顧客情報から企業情報を自動取得するマッシュアップ型ウェブAPI“DRS”の提供を開始した。同社は、主にSFAやCRMをクラウドサービスとして提供する企業。 “…続きを読む

日本のナレッジスイート株式会社は、企業を対象に、獲得した見込み顧客情報から企業情報を自動取得するマッシュアップ型ウェブAPI“DRS”の提供を開始した。同社は、主にSFAやCRMをクラウドサービスとして提供する企業。

“DRS”は、見込み顧客の情報を元にインターネット上から最新の企業情報を探し出し、DB化するSaaS型マッシュアップクローリングサービスである。従来であれば、獲得した見込み顧客情報から、所属する会社の基礎情報を1件1件収集していた作業を、全て自動化することが可能。取得する企業情報は、業種や資本金額、企業版マイナンバーや取扱い製品等の中から、必要な情報のみを指定して収集・DB化ができる。これにより、目的に応じた独自のDB構築が可能だ。また、本サービスは、同社が提供しているSFA/CRMサービスや名刺管理サービス等と連携することができ、収集した企業情報を名寄せDBとして活用することも可能になっている。
DRS
顧客情報の調査や管理は手間がかかりがちだ。そういった作業を自動化し、素早い情報収集が可能になれば、コスト削減だけでなく、より効果的な営業活動を実現できるだろう。

【関連リンク】DRS

広告