【日本】テレビ視聴データを個人プロフィールで分析

日本の株式会社スイッチ・メディア・ラボは、自社の提供するテレビ視聴データ分析サービス“SMART”に新機能の追加を実施した。内容は、テレビ視聴パネルの属性をユーザーが独自に指定可能な“オリジナル集計区分”の設定を行うこと…続きを読む

日本の株式会社スイッチ・メディア・ラボは、自社の提供するテレビ視聴データ分析サービス“SMART”に新機能の追加を実施した。内容は、テレビ視聴パネルの属性をユーザーが独自に指定可能な“オリジナル集計区分”の設定を行うことができるというものだ。

“SMART”は、テレビの視聴状況を個人レベルでリアルタイムに分析するサービス。今回追加された“オリジナル集計区分”は、同社がテレビ視聴パネルに対し行った属性調査を元に、150項目以上の個人属性を利用した分析を行う機能だ。これにより、従来よりも詳細なターゲット条件を指定することができるようになった。例えば、視聴データを携帯キャリア別に分析したり、国産自家用車所有者に限定した集計を行うといった利用が可能になった。これらと性別・年齢・職業といった基本属性をかけあわせることで、時間帯、番組、CM別にさまざまな視聴データの分析を行うことができる。また、同社は本サービスのトライアル利用を期間限定で提供している。
株式会社スイッチ・メディア・ラボ
ライフスタイルの多様化が進む現代においては、より個人にマッチしたサービスや製品が求められている。こういったサービスを活用して、消費者のニーズを常に把握することが重要だ。

【企業サイト】株式会社スイッチ・メディア・ラボ

広告