【ドイツ】独自機能を搭載した広告プラットフォーム

ドイツのglispa社は、同社の広告技術を利用して、パブリッシャーと広告主の双方を対象とした広告プラットフォーム“The glispa Audience Platform”を発表した。同社は高機能モバイルマーケティングを…続きを読む

ドイツのglispa社は、同社の広告技術を利用して、パブリッシャーと広告主の双方を対象とした広告プラットフォーム“The glispa Audience Platform”を発表した。同社は高機能モバイルマーケティングを提供する企業。

このプラットフォームは同社独自のビッグデータ技術を使って構築されており、一般的に重要視されるようなプロファイル情報に加え、購買傾向レベルなどのユニークな属性にも焦点を当てている。また特徴的な機能として、システムが独自に探しだした新しい顧客を地図上に表示し、追加のプロファイル情報を作成することも可能となっている。同社のPhilipp Neuberger氏は、「この強力なデータプラットフォームは、パブリッシャーと広告主の双方のパフォーマンスとROIを向上させる上で重要な役割を果たす」と語った。
glispa
様々な独自機能を搭載することで、他のプラットフォームでは発見できなかった対象に広告を提供することが可能になる。これはパブリッシャーと広告主のみならず、広告を見るエンドユーザーにとっても利益となるだろう。

【企業サイト】glispa

広告