【日本】IoTに対応したビッグデータ管理

日本の株式会社オープンストリームは、消費者の行動情報をリアルタイムに収集し、ビッグデータ化する”LogStream”の提供を開始した。同社は、クラウドサービスやネットサービスプラットフォームの開発…続きを読む

日本の株式会社オープンストリームは、消費者の行動情報をリアルタイムに収集し、ビッグデータ化する”LogStream”の提供を開始した。同社は、クラウドサービスやネットサービスプラットフォームの開発を行っている企業。

“LogStream”の特徴は、消費者の行動状況を、従来のビッグデータよりもきめ細かく把握することができる点。同サービスでは、スマートフォンやウェアラブル端末を始めとした、様々なIoTデバイス情報の収集・ビッグデータ化をリアルタイムで行う。これにより、消費者の購買行動に直結した情報の提供が可能になる。また、同社では、”LogStream”によって蓄積されたデータを解析する”RecoBee(仮称)”を開発中だ。解析を行うことで、消費者の行動を、立つ・座る・歩くといった姿勢レベルで認識することができるようになる。この他にも、レコメンドシステムやBIツールといった、外部システムとの連携も容易に行うことが可能となっている。
株式会社オープンストリーム
社会に浸透しつつあるIoT環境だが、様々なデバイスの情報を解析し、自社の利益に結びつけることは自力では難しい。同サービスのようなビッグデータ技術は、今後より一層重要になっていくだろう。

【企業サイト】株式会社オープンストリーム

広告