【アメリカ】リードマネジメントの自動化で効率アップを図る

アメリカのクラウド型のコミュニケーションサービスを手掛けるYtel社は、“X5 Cloud Contact Center”に、“LeadBeam”を組み込んだ。これはリードを容易にリアルタイム管理し、マーケティングの効率…続きを読む

アメリカのクラウド型のコミュニケーションサービスを手掛けるYtel社は、“X5 Cloud Contact Center”に、“LeadBeam”を組み込んだ。これはリードを容易にリアルタイム管理し、マーケティングの効率を上げるシステム。

同製品はプロセスの最適化を行う。また手作業を減らして売上を拡大させる。例えば、リードの行動履歴などの様々なデータが一元管理されている点だ。他にも、ダッシュボードのレイアウトは各自カスタマイズできるようになっている。また、高度な分析レポートや顧客管理情報との統合など機能も豊富だ。実際に導入した企業の中には、見込み客と顧客が3倍に増えたケースもある。導入の効果はすぐに現れるし、その持続性も高い。
Ytel
リードが多いことはよいことだが、その後のアプローチにかかる業務も増え煩雑になりがちだ。システムを使って自動化することは、これからのマーケティング活動に欠かせないであろう。

【企業サイト】Ytel

広告