【日本】観光ガイドアプリによる地域活性化

日本の株式会社リサーチアンドソリューションは、福岡県うきは市と協働し、ビーコン機能を利用したスマートフォン向け観光ガイドアプリを開発した。現在うきは市吉井町にて、本アプリを用いた地域活性化のための社会実験がおこなわれてい…続きを読む

日本の株式会社リサーチアンドソリューションは、福岡県うきは市と協働し、ビーコン機能を利用したスマートフォン向け観光ガイドアプリを開発した。現在うきは市吉井町にて、本アプリを用いた地域活性化のための社会実験がおこなわれている。

同市では以前より、観光ガイドの高齢化をはじめとした諸問題を抱えていた。今回の実験では観光名所や個人商店にビーコンを設置し、本アプリと連動することで、クーポン券の発行や動線の可視化に役立てている。また、本実験と並行して、株式会社オリエンタルコンサルタンツと連携し、地元小学生との協力により、本アプリの機能拡張などに取り組む予定。
株式会社リサーチアンドソリューション
集客に伸び悩む観光地は多い。村おこしにアニメとのタイアップなどをおこない成功した例も散見するが、事実、単に該当地域のPRを実施するだけでは、集客が難しい現状がある。アメリカのメーシーズに端を発するオムニチャネルをはじめ、リアルとITの親和性は高い。本事例のように古い概念に囚われない、積極的な姿勢こそが、21世紀の地域活性化につながるのではないか。

【企業サイト】株式会社リサーチアンドソリューション

広告