【アメリカ】MapRサポートで強力なビックデータソリューションへ

アメリカのCask社は、同社が持つデータビッグテータアプリケーションプラットフォームが、MapRを正式にサポートとすると発表した。同社は開発者向けのビッグデータソフトウェアを提供している企業である。 MapRとはMapR…続きを読む

アメリカのCask社は、同社が持つデータビッグテータアプリケーションプラットフォームが、MapRを正式にサポートとすると発表した。同社は開発者向けのビッグデータソフトウェアを提供している企業である。

MapRとはMapR Technologies社が提供する、ビッグデータを扱うオープンソース“Hadoop”のディストリビューションである。Cask社の“Cask Data Application Platform (CDAP)”はHadoopを利用したソリューションであり、ビッグデータアプリケーションを構築し、管理する開発者のための統合プラットフォームである。今回、“CDAP”はMapRの最新版となる“MapR5.0”をサポートすることにより、開発者は既存のスキルセットで、ビッグデータ用のアプリケーションを構築し、展開することを可能にする。
Cask
国内外を含め多くのビッグデータソリューションが存在している。この状況における今回のCask社とMapR Technologies社の協業は、双方の顧客にとってメリットのあるものとなるに違いない。

【企業サイト】Cask

広告