【日本】人工知能製品“Netbase”のサービス開始

日本のテクノスデータサイエンス・マーケティング株式会社は、人工知能製品“Netbase”の戦略パートナーとして、SCSK株式会社との契約締結を発表した。 “Netbase”はソーシャルメディア上で、言語処理技術を使った製…続きを読む

日本のテクノスデータサイエンス・マーケティング株式会社は、人工知能製品“Netbase”の戦略パートナーとして、SCSK株式会社との契約締結を発表した。

“Netbase”はソーシャルメディア上で、言語処理技術を使った製品やサービスに関するモニタリング、高精度な分析をすることができるもの。Twitter、FacebookなどのSNS、楽天やAmazonなどECサイトレビューも分析の対象になる。SCSK株式会社は、CRM戦略構築で売上拡大が予想される1000社を選び出し、“Netbase”による企業診断コンサルティングを提供する。
テクノスデータサイエンス・マーケティング株式会社
本サービスにより、企業内で新しいビジネス創生プロジェクトを生み出すこともできる。この2つの会社の試みは、ビッグデータ事業を成長させることで、少子高齢化に伴う医療、介護問題などにも対応できると期待が集まっているようだ。

【企業サイト】テクノスデータサイエンス・マーケティング株式会社

広告