【アメリカ】“Magic Quadrant”でAdobeがリーダーに

アメリカのAdobe社は、調査会社であるGartner社が発表する“2015 Magic Quadrant for Web Content Management”において、リーダーのポジションを獲得したと発表した。 Ga…続きを読む

アメリカのAdobe社は、調査会社であるGartner社が発表する“2015 Magic Quadrant for Web Content Management”において、リーダーのポジションを獲得したと発表した。

Gartner社が発表する“Magic Quadrant”とは、特定の市場内で競合するベンダーの相対的な位置付けを、広い視野から提示するものである。今回この調査においてリーダーのポジションを獲得したことで、Webコンテンツ管理製品“Adobe Experience Manager”が、ウェブコンテンツ管理のトレンドを理解し、効果的で測定可能、使いやすいプラットフォームを提供していると評価されたことになる。グローバルブランドや中規模企業に対し、世界での競争力を高めるのに有効であることも示した形となった。
Adobe
Gartner社はリーダーの条件を「マーケットの変化に敏感であり、実行力とビジョンともに高いスコアを合わせ持ち、エコシステムも考慮に入れていること」などとしている。今回の結果はWebコンテンツ管理の分野において、Adobe社が市場を牽引していることを強く証明した結果となった。

【企業サイト】Adobe

広告