【日本】ビッグデータで利益に繋がる観光客誘致を

日本の神戸市は、ビッグデータを観光客誘致に利用している。同市は博報堂をマーケティグパートナーとし、神戸に今後来る可能性のある、潜在観光客の誘致を試みる。 ビックデータを使うことで従来のアンケートでは得られなかった、リアル…続きを読む

日本の神戸市は、ビッグデータを観光客誘致に利用している。同市は博報堂をマーケティグパートナーとし、神戸に今後来る可能性のある、潜在観光客の誘致を試みる。

ビックデータを使うことで従来のアンケートでは得られなかった、リアル行動データやソーシャルネットワークの情報からマーケティングをおこなうことが可能になった。これにより、神戸に来る観光客が何を求めているかを瞬時に判断/分析、新たなターゲットの収穫につなげていく。神戸市は関西の観光地としても高い集客を持っていたが、それが利益に直結しているとは言い難いものであった。観光客誘致にビッグデータを使う戦略は、大きな注目を集めている。
Consulaction
ビックデータを使い、集客を試みる神戸市。いわばリードジェネレーションである観光客の需要を的確に反映することができるかどうかが、成功の鍵と言えるのではないだろうか。本事例の詳細は以下URLから参照可能だ。

【関連サイト】Consulaction

広告