【アメリカ】ソーシャルデータをリアルタイムで活用する分析機能

アメリカのNetworked Insights社は、マーケッターを対象に、同社の分析プラットフォーム“Kairos”で利用できる新たな分析機能として、“Pinpoint”を提供開始した。Kairosは意味論の言語ネットワ…続きを読む

アメリカのNetworked Insights社は、マーケッターを対象に、同社の分析プラットフォーム“Kairos”で利用できる新たな分析機能として、“Pinpoint”を提供開始した。Kairosは意味論の言語ネットワーク上に構築され、数十億ものソーシャルデータポイントを常に分析および比較している。

“Pinpoint”は新たなアルゴリズムにもとづき、意味論のネットワークで生じた急激な変化を迅速に察知し、その原因を特定する。この機能により、マーケッターはソーシャルメディアでの消費者の興味対象やその背景を瞬時に把握できる。つまり、マーケッターはソーシャルメディアの膨大な投稿を自ら分析する必要がなくなるのだ。同社のCEO、Dan Neely氏は「マーケッターは傾向だけでなく、その原因を即時に把握する必要がある」と述べている。
Networked Insights
ソーシャルデータ分析は、効果的なマーケティング施策にいまや不可欠だ。単純な傾向分析にとどまらず、その背景までも把握できる同機能はマーケッターへの大きな力となりそうだ。

【企業サイト】Networked Insights

広告