【アメリカ】デジタルマーケティングリサーチ最新レポート

アメリカのMillward Brown Digital社が、第2回となるデジタルマーケティング現況の年次レポート“Getting Digital Right 2015”を発表した。アメリカのブランド企業、メディア会社、代…続きを読む

アメリカのMillward Brown Digital社が、第2回となるデジタルマーケティング現況の年次レポート“Getting Digital Right 2015”を発表した。アメリカのブランド企業、メディア会社、代理店の400人以上のマーケッターの入力データをもとにした調査である。

デジタルマーケティングが成長と進化を続ける一方、マーケッターたちはビッグデータの有効活用とROIの測定という課題に直面している、という点が示された。データ活用に自信を持つ人はわずか、消費者の行動ベースのリサーチがいまだに優先されている、モバイル/ソーシャル/デジタルチャネルへの投資がROIの実証となっている、最適なメディア・ミックスの確立を目指している、という4つの重要な所見が明らかとなった。
Millward Brown Digita
マーケッターは常に消費者を理解し、最高のマーケティングプログラムを構築し、投資効果を向上させようと努めている。現代のデジタルマーケッター必見のレポートだろう。該当レポートは下記URLから参照可能だ。

【関連リンク】Getting Digital Right 2015

広告