【日本】DMP“Rocket Fuel Origin DMP”のβサービスを提供開始

日本の京セラコミュニケーションシステム株式会社は、データマネジメントプラットフォーム“Rocket Fuel Origin DMP”のβサービスを、3月24日から提供開始した。同社は、システムインテグレーターとして、通信…続きを読む

日本の京セラコミュニケーションシステム株式会社は、データマネジメントプラットフォーム“Rocket Fuel Origin DMP”のβサービスを、3月24日から提供開始した。同社は、システムインテグレーターとして、通信インフラの多様化に伴うさまざまな要望に応えている。

“Rocket Fuel Origin DMP”は、企業保有のデータと3rd Party Dataを柔軟に統合管理する、マーケティング活動のハブだ。潜在顧客から既存顧客まで、属性に応じたセグメントデータが自動生成できる。また、チャネル横断により、顧客セグメントの状態管理がリアルタイムに行なわれるため、最適かつ効果的なメッセージ配信が可能だ。自動生成されたデータは、トリプルメディアやマルチデバイスを通じたキャンペーンにより顧客の属性ごとにリアルタイムでメッセージ配信が行われる。そして、実行されたキャンペーンの評価によるデータに基づくPDCAサイクルが実現される。
京セラコミュニケーションシステム株式会社
DMPは確かに魅力的だが導入の際の障壁が高い。しかし“Rocket Fuel Origin DMP”は、データの整備やセキュリティ、社内体制、プライバシー等など、導入の際の諸問題を一気に解決するサービスと言えるだろう。

【企業サイト】京セラコミュニケーションシステム株式会社

広告