【アメリカ】ビッグデータの集中管理で潜在的な活用事例を実現

アメリカのZL Technologies社は、企業内でビッグデータを集中管理する場合の潜在的なメリットを発表した。同社は、人員データや業務データ、コンピューターデータのシームレスな統合を強調し、これまで未着手だった企業コ…続きを読む

アメリカのZL Technologies社は、企業内でビッグデータを集中管理する場合の潜在的なメリットを発表した。同社は、人員データや業務データ、コンピューターデータのシームレスな統合を強調し、これまで未着手だった企業コンテンツを実現する活用例が可能と結論づけている。

今回の取り組みは、同社のプラットフォーム“Unified Archive”と“Enterprise Analytics”の連携により、これまで散在してきたデータストリームが統合され、ビッグデータの新たな活用事例が実現するというものだ。例えば、顧客満足度管理では顧客およびサポート部門のやりとりの感情分析により、その後の購買プロセスに及ぼす影響をパターン化し考察できる。また、利益率の高い顧客の行動を検知できるため、セールスプロセスを調整してより生産性を高められる。
ZL Technologies
ビッグデータの効果的な管理は、企業にさらなる収益をもたらす。同社が提案するビッグデータの集中管理によって、これまで不可能だった潜在的な活用事例が実現されそうだ。

【企業サイト】ZL Technologies

広告