【日本】請求書決済代行サービス“Paid”導入のメリット

日本の株式会社ラクーンは請求書決済代行サービス“Paid(ペイド)”のサービス提供を、株式会社グラフィックへ行うことにした。これにより多くのユーザーが希望している後払決済が可能となり、株式会社グラフィック社は会員数の増加…続きを読む

日本の株式会社ラクーンは請求書決済代行サービス“Paid(ペイド)”のサービス提供を、株式会社グラフィックへ行うことにした。これにより多くのユーザーが希望している後払決済が可能となり、株式会社グラフィック社は会員数の増加を期待している。

株式会社グラフィックは、“印刷の通販®グラフィック”として27万人の法人、個人会員をもつ。同社はより多くの会員を増やし売り上げを上げるために、請求書発行から代金回収まで代行する“Paid(ペイド)”の導入を決定。これによって新規の取引先でもリスクの心配なくビジネスを展開することが出来る。また会社内での煩雑な請求業務から開放され、人件費および経費節減にも繋がる。また取引先の信用調査も無料でできる。
Paid
通販、インターネットでのビジネスにおいて“Paid(ペイド)”の導入は、ユーザーの利便性を高めるメリットがある。この事は顧客数の増加、ひいては売り上げが伸び利益の向上が見込めるようだ。

【関連サイト】Paid(ペイド)

広告