【日本】デジタルマーケティング効果測定のプラットフォーム

日本の株式会社インテージは、インターネット広告、ウェブサイトを評価するプラットフォーム“Ad Trace Panel”を発表した。性別、年代、消費傾向などのターゲット別の、より詳細なレベルのブランディングの効果測定の要望…続きを読む

日本の株式会社インテージは、インターネット広告、ウェブサイトを評価するプラットフォーム“Ad Trace Panel”を発表した。性別、年代、消費傾向などのターゲット別の、より詳細なレベルのブランディングの効果測定の要望に応えるべく開発された。

本プラットフォームでは、100万人規模のCookie情報に基づき、インターネット広告の閲覧者やウェブサイト訪問者へアンケートが実施できる。また、属性データの利用でターゲットを絞った集計分析が可能。さらに、ウェブサイト閲覧やテレビ視聴情報などのデータを取集する同社のi-SSP(インテージ・シングルソースパネル)とのセット利用により、クロスメディア戦略評価とインターネット広告の効果測定を統合して低コスト、ワンストップで対応している。
株式会社インテージ
インターネットが浸透してデジタル戦略が不可欠な今、クリック率やコンバージョン数だけではマーケティング効果測定には限界がある。マーケッターにとって強い味方となるだろう。

【企業サイト】株式会社インテージ

広告