【アメリカ】ビッグデータプラットフォームを“Redshift”コネクタで拡張

アメリカのQubole社のデータサービスプラットフォーム(QDS)が“Amazon Redshift”のコネクタを導入し、データソースが直接利用できるように拡張された。同社はFacebookのデータインフラストラクチャ開…続きを読む

アメリカのQubole社のデータサービスプラットフォーム(QDS)が“Amazon Redshift”のコネクタを導入し、データソースが直接利用できるように拡張された。同社はFacebookのデータインフラストラクチャ開発チームが創設したサービス型ビッグデータ会社。

“Redshift”はクラウドベースのデータウェアハウス。QDSの作業台の中で“Redshift”に保存されているデータ上でクエリーができる。これにより生産性が向上し、従来のように複数のアプリケーションやウィンドウを開く必要が少なくなり、最適なツールとテクノロジーを使って構造化および非構造化データの分析が可能だ。単一のプラットフォームとウィンドウで数回のクリックで一連の作業が行える。
Qubole
データアナリストは、Redshiftコネクタで作業時間を節約でき、より質の高い分析が迅速にできるようになる。包括的なビッグデータプラットフォームを強力にサポートするだろう。

【企業サイト】Qubole

広告