【アメリカ】企業買収でビッグデータ製品拡充

アメリカのFirst Derivatives社は、Affinity Systems社を買収したと発表した。この買収によりFirst Derivatives社は、自社が65%の株を保有するKx Systems社が開発したデ…続きを読む

アメリカのFirst Derivatives社は、Affinity Systems社を買収したと発表した。この買収によりFirst Derivatives社は、自社が65%の株を保有するKx Systems社が開発したデータベース技術である“kdb+”を活用したうえで、大量のストリーミングデータや履歴データの分析力を強める狙い。

Affinity社は過去2年以上にわたり、kdb+データベースを使用したSensor Data Managementソリューションの開発に取り組んできており、同ソリューションはビッグデータの迅速な取得および処理を実現している。First Derivatives社のCEOであるBrian Conlon氏は、「Affinity社は多様な業種に対応して、技術やソリューションを提供してきた実績を持つ。このため同社の買収は、弊社の新たな業種への進出を促し、顧客層の拡大を可能にするので戦略上の大きな利点となるだろう」と述べた。
First Derivatives
ビッグデータの管理やクエリ抽出の方法は業種によって様々だ。今回のような、ビッグデータ活用の強みに着目した企業買収は、今後さらに増加する傾向といえるのではないだろうか。

【企業サイト】First Derivatives

広告