【アメリカ】異なるマーケティングシステム内のデータ活用を支援

アメリカのOracle社が、同社のOracleマーケティングクラウドデータ管理プラットフォームへ新しい2つの機能を追加したことを発表した。クロスチャネルのマーケティングオートメーションユーザーのための類似モデリングと、オ…続きを読む

アメリカのOracle社が、同社のOracleマーケティングクラウドデータ管理プラットフォームへ新しい2つの機能を追加したことを発表した。クロスチャネルのマーケティングオートメーションユーザーのための類似モデリングと、オンデマンド搭載である。

マーケッターがアクセスできるデータはeメールや、マーケティングオートメーションツール、または別のマーケティングシステムの中に保管されており、効率的にターゲットを絞りキャンペーンを最大限に展開することが難しい。新しい機能によって、プラットフォームの自己学習アルゴリズムと自動ワークフローをうまく利用して10億近いプロフィールからプロスペクトを特定、ウェブ解析データが使いやすくなった。
Oracle
多くのマーケッターや分析専門家は、様々なソースのデータ管理が情報分析における課題だと認識している。これを解決するべく機能強化されたソリューションは期待が高いだろう。

【企業サイト】Oracle

広告