【日本】“ぐるなび”によるビッグデータ活用サービス

日本の株式会社ぐるなびは、ユーザーの観覧履歴および行動履歴から的確なターゲットを搾り出し、より効果的なバナーを提示する“行動ターゲティングバナー”のサービスの提供を開始した。 “行動ターゲットバーナー”はビッグデータを活…続きを読む

日本の株式会社ぐるなびは、ユーザーの観覧履歴および行動履歴から的確なターゲットを搾り出し、より効果的なバナーを提示する“行動ターゲティングバナー”のサービスの提供を開始した。

“行動ターゲットバーナー”はビッグデータを活用し、ユーザーが検索したエリア、嗜好などを分析、店舗情報を提供するサービスである。この多大なデーターからユーザーの嗜好を考慮し、“ぐるなび”はユーザーに最もあった飲食店バナーを提示する。飲食店側は、検索サイト以外でも情報を常時バナーという形で提供し、ユーザーの興味喚起を導き出すことができるという。
ぐるなび
この“行動ターゲットバーナー”は飲食店側にとって顧客獲得、販売促進を有効的に行うことができる。結果的に、高い収益を期待できる戦略であるといえるだろう。

【関連サイト】株式会社ぐるなび

広告