【アメリカ】ビッグデータを安全に運用する統合プラットフォーム

アメリカのOracle社は、ビッグデータを価値あるものへ迅速に変化させる新しいソリューションを発表した。パブリッククラウド、プライベートクラウド、または業務用インフラストラクチャ、いかなるモデルでもビッグデータを安全に運…続きを読む

アメリカのOracle社は、ビッグデータを価値あるものへ迅速に変化させる新しいソリューションを発表した。パブリッククラウド、プライベートクラウド、または業務用インフラストラクチャ、いかなるモデルでもビッグデータを安全に運用するというビジョンを明確にしている。

Oracle社のソリューションは、企業データをより速く低コストで、少ないリスクで利用できるようにシームレスに作業を進める。同社の副社長Neil Mendelson氏は「データは新しい種類の資本であり、企業は自社のデータ資本へ戦略的に投資して最大の利益を生み出さなければならない。当社は、データへのアクセスやリアルタイムの結果予測を簡単にして、すべてのデータを安全に管理できる統合プラットフォームを提供する」と語る。
Oracle
ビッグデータを効率的に運用するには適切なツールが必要だ。統一されたプラットフォームのアーキテクチャが、企業全体のビッグデータ運用と分析戦略の基盤となっていくだろう。

【企業サイト】Oracle

広告