【日本】大学と共同開発のコンテンツマーケティング最適化ツール

日本の株式会社Faber&Technologyは、コンテンツマーケティング最適化ツール“Mieruca(ミエルカ)”の販売開始を発表した。企業が自社内で利益につながるコンテンツを改良、最小限の時間とコストで新規顧…続きを読む

日本の株式会社Faber&Technologyは、コンテンツマーケティング最適化ツール“Mieruca(ミエルカ)”の販売開始を発表した。企業が自社内で利益につながるコンテンツを改良、最小限の時間とコストで新規顧客を獲得するためのサービスとなる。

コンテンツマーケティングを実践する企業の多くは、その成果の実感と評価が困難であると感じている。この現状の課題を解決するために、同社の蓄積された専門知識及びスキルと、国立豊橋技術科学大学との共同開発により独自に完成させた。サイトのコンテンツを、集客、閲覧、誘導、成果の4つの観点から評価。修正点を視覚化して改善点を提示、競合サイトとの比較により優劣を明確にすることでコンテンツを向上させる、という特徴がある。
Mieruca(ミエルカ)
商品名の“ミエルカ”は「コンテンツの課題をみえる化」という意味。マーケティングの成果が明確になれば、最善の方法を見出せる投資効果の高いツールとして大いに期待されるだろう。

【関連サイト】Mieruca(ミエルカ)

広告