【アメリカ】ビジネスシーンで幅広く活用できる、ビッグデータ分析環境

アメリカのFICO社は、データ専門家新世代向けの目的型分析環境である、”FICO Big Data Analyzer”を発表した。同社は、予測分析や決定マネージメントのソフトウェアを提供する企業で…続きを読む

アメリカのFICO社は、データ専門家新世代向けの目的型分析環境である、”FICO Big Data Analyzer”を発表した。同社は、予測分析や決定マネージメントのソフトウェアを提供する企業である。

“FICO Big Data Analyzer”は、Hadoopの複雑さを減らし、ビジネスユーザーや分析者が自ら高度な分析ができるシステム。あらゆるタイプやサイズのHadoopデータから、データの共同検索や新しいインサイトを発見することができるようになり、ビジネスユーザー、分析者、データサイエンティストが、企業の競争力ともいえるデータと分析にアクセス可能にする。
FICO
データ探知測定、高度な分析、オペレーション導入など、総合分析サイクル向けに設計されたビッグデータ分析ソフトウェア(BDAS)ソリューションは、導入が容易で費用対効果が高いと言われている。Hadoopを利用したいが、その扱いにくさに躊躇している企業も多くあることと思う。このようなサービスを大いに利用し、時間、労力、コストをセーブしてはどうだろうか。

【企業サイト】FICO

広告