【日本】IT 環境全体の拡充および情報流出を阻止する製品の発表

日本のAvePoint Japan株式会社は、2015年2月10日より、組織の情報資産を情報流出などのリスクから保護し、IT環境全体のコンプライアンスおよび情報セキュリティを強化する製品 “AvePoint Compli…続きを読む

日本のAvePoint Japan株式会社は、2015年2月10日より、組織の情報資産を情報流出などのリスクから保護し、IT環境全体のコンプライアンスおよび情報セキュリティを強化する製品 “AvePoint Compliance Guardian (コンプライアンス・ガーディアン) 3サービスパック (SP) 3 CU1” の国内提供を開始した。

当該製品は、ファイルサーバー、ウェブサイト、企業内ソーシャルなど複数のシステムに分散する情報を一元管理・常時監視し、リスクレベルの高い場所を検知するプラットフォームだ。従来の諸機能を拡充するとともに統合コミュニケーションツール“Microsoft Lync Server”にも対応し、会話記録や共有コンテンツのアーカイブ、定期スキャン、及び、検索機能を実現。同時に強化された情報流出防止機能では、IT環境内での機密情報の所在やアクセス元の情報について常時監視、追跡が可能だ。
AvePoint Japan
組織内ソーシャルの導入や情報管理体制の整備に役立つ各機能の拡充、及び、セキュリティ面の強化の両方を実現する当該製品は、組織内でのIT環境の大幅な改善に貢献するだろう。

【企業サイト】AvePoint Japan株式会社

広告