【日本】渋谷駅周辺再開発を支援する、パナソニックのソリューション

日本のパナソニック エコソリューションズ社は、渋谷駅周辺の大規模再開発プロジェクトを支援する、‟環境計画支援VR(Virtual Reality)”の活用事例を公開した。同社は、住みやすい環境やエネルギー管理などの技術を…続きを読む

日本のパナソニック エコソリューションズ社は、渋谷駅周辺の大規模再開発プロジェクトを支援する、‟環境計画支援VR(Virtual Reality)”の活用事例を公開した。同社は、住みやすい環境やエネルギー管理などの技術を社会に提供する会社である。

‟環境計画支援VR(Virtual Reality)”は、2006年に渋谷駅周辺の再開発が始まった当初からサポートしている、BtoBソリューション。効率的な設計検証や、地域との結びつきを重視し、開発計画を可視化するのに活用されている。そこで作成した3D都市データを基にしたAR(拡張現実)技術で、一般市民が未来の渋谷を体験できるコンテンツも作成した。このように開発過程を再現することで、誰でもわかりやすい情報を発信する。
パナソニック エコソリューションズ
百聞一見にしかず。最新のテクノロジーを使って、プロジェクトを可視化することで、想像以上の情報を提供できる。さまざまな場面で、利用できるソリューションではないだろうか。

【企業サイト】パナソニック株式会社 エコソリューションズ社

広告