【アメリカ】CRMとマーケティングオートメーションを統合するAPIサービス

アメリカのCloud Elements社は、CRMとマーケティングオートメーションサービス間でデータを共有できる統合APIインテグレーションサービスを開始した。このサービスは、連絡先、販売見込みなどの顧客情報を管理できる…続きを読む

アメリカのCloud Elements社は、CRMとマーケティングオートメーションサービス間でデータを共有できる統合APIインテグレーションサービスを開始した。このサービスは、連絡先、販売見込みなどの顧客情報を管理できるようになるもの。

「これは、多くのサービスへ接続できる初のインテグレーションプラットフォームだ。一度インテグレーションを構築するだけで、顧客データをCRMやマーケティングオートメーションサービスと簡単に共有させることができる」と同社のCEO、Mark Geene氏は語る。CRMハブとマーケティングハブで単一のAPIサービスを使って、CRMとマーケティングサービスとの連携アプリケーションを迅速にわずかなコストで作成することができる。
Cloud Elements
独自の一対多のアプローチで、CRM、マーケティングサービスへ即座に連携できるプラットフォームは、アプリケーション開発者にとっては待望のテクノロジーと言えるだろう。

【企業サイト】Cloud Elements

広告