【アメリカ】Google BigQueryのインフラを活用するビッグデータ用プラットフォーム

アメリカのOneFold社は、モバイルアプリケーションのプロダクトマネージャーならびにデータアナリストを対象に、半構造的データを自動的に抽出および変換し、1日でクラウド上のデータウェアハウスに統合する“BigData W…続きを読む

アメリカのOneFold社は、モバイルアプリケーションのプロダクトマネージャーならびにデータアナリストを対象に、半構造的データを自動的に抽出および変換し、1日でクラウド上のデータウェアハウスに統合する“BigData Warehouse”のパブリックデータ版を提供開始した。

“BigData Warehouse”は、MongoDB、JSONダンプ、MySQLなど複数の異質なデータソースに含まれるユーザー行動を分析できる。また、同製品はGoogle Cloudの巨大なインフラ、とりわけGoogle BigQueryを活用するため、半構造データをクラウド上でパフォーマンスが高く、かつクエリを作成しやすい単一のデータウェアハウスに統合可能だ。Oracle社の元幹部で、OneFold社を後援するPeter Relan氏は、同製品を使用すれば「年間でエンジニアのコーディングに必要な100,000ドルを節減できる」と述べる。
OneFold
モノのインターネット化が進むにつれ収集データはさらに増大し、効率的なデータ抽出と分析が不可欠だ。同製品の試用はビッグデータ活用のアイディアを得るために有意義であろう。

【企業サイト】OneFold

広告