【日本】ビッグデータの活用を容易にするソフトウェア提供

日本のウイングアーク1st株式会社は、ビッグデータ・オープンデータを可視化して情報の活用を容易にするソフトウェア“MotionBoard”を一橋大学の神岡太郎教授のビッグデータ解析実習の授業に提供した。同社は企業の情報を…続きを読む

日本のウイングアーク1st株式会社は、ビッグデータ・オープンデータを可視化して情報の活用を容易にするソフトウェア“MotionBoard”を一橋大学の神岡太郎教授のビッグデータ解析実習の授業に提供した。同社は企業の情報を活用するソリューションを提供する企業。

“MotionBoard”は、企業のシステムに蓄積された膨大な情報を可視化するソフトウェアである。同社は一橋大学への提供を契機に、高校・大学など教育、研究目的に限りライセンス無償で提供する。現状、大量のデータが有効に活用されていない理由の一つに、データを多角的に分析・理解しアクションできる人材の不足がある。同ソフトはその敷居を下げ、専門知識を必要とせず直感的に使用できる点が最大の特徴である。
MotionBoard
アカデミックの場に無償で提供することは、ソフトのPR・販促になるともに人材育成に大きな貢献を果たすと考えられる。目先の収益だけではなく、中長期的な視野を持つことも、ビジネスにおいては必要なことではないだろうか。

【関連リンク】MotionBoard

広告