【日本】顧客アクセスを一括管理する新システムがリリース

日本の株式会社ブレインパッドと、ソフトバンクグループ系列企業2社(ソフトバンクテレコム株式会社・株式会社ジェネレイト)が協業し、新しいデジタルマーケティング支援ソリューションの提供を2014年12月3日より開始した。 3…続きを読む

日本の株式会社ブレインパッドと、ソフトバンクグループ系列企業2社(ソフトバンクテレコム株式会社・株式会社ジェネレイト)が協業し、新しいデジタルマーケティング支援ソリューションの提供を2014年12月3日より開始した。

3社の競合によって生まれたのは、オンライン顧客と店舗顧客情報を統合し、高度なレコメンド機能を組み合わせた効果的な新しいマーケティングサービスだ。これは、それぞれ三社の取り組む事業を生かしたものになっている。

・ソフトバンクテレコム株式会社→クーポン発信により、ネットから店舗来店へ誘導するサービス“ウルトラ集客”の展開
・株式会社ジェネレイト→“ウルトラ集客”利用企業の来店情報を統合管理するデータフラットフォームを提供
・株式会社ブレインパッド→ネットでアクセスしたユーザーの行動パターンを分析し、コミュニケーションを最適化する“Rtoaster(アールトースター)”の提供
株式会社ブレインパッド
オムニチャネルチャネルが有力視される現在、企業にとって顧客情報はより重要度を増している。あらゆる数字を統合・分析し、最適な活用を考えるべきではないか。

【企業サイト】株式会社ブレインパッド

広告