【アメリカ】A/BテストにWeb訪問者の属性を反映させる新技術

アメリカのKaizen Platform社は株式会社サイバーエージェント独自のDMPと連携し、サイト閲覧者が保有する属性情報ごとに最適化したA/Bテストを可能にするサービスをリリースした。 Kaizen Platform…続きを読む

アメリカのKaizen Platform社は株式会社サイバーエージェント独自のDMPと連携し、サイト閲覧者が保有する属性情報ごとに最適化したA/Bテストを可能にするサービスをリリースした。

Kaizen Platform社はWebサービスのユーザーインターフェースの改善を容易に行うことができるプラットフォーム”Kaizen Platform”を提供している。今回の提携により従来のA/Bテストでは行えなかった、デモグラフィックやサイコグラフィックなどのWeb訪問者の属性を判別することが可能だ。判別した消費者の属性を基に、訪問者にとって最適なWebページデザインを反映させることで、広告からの流入をより効果的にコンバージョンすることに成功した。
Kaizen Platform
Web訪問者それぞれに対して最適なページデザインを反映させることは従来のA/Bテストでは難しかった。しかし、今回の両社の提携により、以前にも増してランディングページを最適化させる技術は飛躍的に向上するだろう。

【企業サイト】Kaizen Platform

広告